オリジナルTシャツの作り方

業者に依頼する方法!

オリジナルTシャツの作成は少量でも大量でも使い道は多岐にわたります。特に、部活や学園祭・会社の夏用シャツなどは大量に同じ物を作成しなければいけません。このような場合は業者に発注することになります。 オリジナルTシャツと聞くと多くの時間がかかりそうなイメージですが、世の中の需要と共に作成しやすくなっています。業者にもよりけりですが、オンライン上のやり取りだけで完結する場合もあるほどです。 依頼は複雑ではなく、シャツのタイプを選択してデザインを伝えて印刷という流れです。もちろん難しいデザインであれば相談が必要になってきますし、場合によっては断られる可能性があります。計画が頓挫しないように、要求が難しい場合は余裕を持って依頼したいです。

自分で作ることも可能

オリジナルTシャツというのは一つのアート作品とも考えられるので、基本的には何をやっても自由なはずです。百円ショップなどでは多くのアップリケを売っていますし、これを駆使すればインパクトのあるオリジナルTシャツが完成します。 ゴツゴツしたアップリケ以外にも、アイロンプリントシートがあります。画像編集ソフトなどを使ってパソコンで印刷したいデザインを作成できるので自由度は高いです。アップリケもアイロンプリントシートもアイロンを使用して貼り付けることになりますが、全て自分の手作業なので失敗しないように注意しなければいけません。業者に依頼する場合は大量に作成できますが、自作は長い時間をかけて一枚を作成します。

オリジナルパーカーとは、市販のパーカーではなく、自分好みのデザインで作られたパーカーです。画面上で作るために仕上がりに少し色の違いがある可能性もありますが、オリジナリティのあるものが作れます。